ユーロ週報 ブレグジットの結果次第で大きく振らされる(10月第2週)

いよいよ国民投票から3年3か月を経て、英国のEU離脱という結果を今週見ることになりそうです。

ユーロ週報 ブレグジットの結果次第で大きく振らされる(10月第2週)

ブレグジットの結果次第で大きく振らされる

今週の週間見通しと予想レンジ

先週のユーロドルは、8日NY市場でメルケル首相とジョンソン首相の発言から合意無き離脱の可能性もありそうだとの見方から一時的に下押しする場面も見られましたが、結局は前週からの上昇トレンドの流れの中での調整に留まり、その後は逆にブレグジットの代替案についてEU側が譲歩するとのヘッドラインからユーロ買いの流れに弾みがつきました。週後半は米中通商協議の部分合意思惑がリスクオン材料とされ、ユーロ円での円売りの動きもユーロを下支えしましたが、金曜には英国とEUと双方から離脱協議進展との言及があり、ユーロドルは1.10台半ばへと上伸する動きに繋がりました。

先週の節目となったメルケル首相とジョンソン首相の合意に否定的な発言のあと、英国とEU双方の離脱担当相が協議は進展しているとのポジティブな方向に舵が切られて週末を迎えました。ブレグジットの代替案は、遡ると8月下旬にジョンソン首相が欧州を歴訪し、その中でメルケル首相と会談した際に代替案は可能というメルケル首相の発言から、最後の合意チャンスに向けて動き始めたと考えられます。

英国側はバックストップ条項が削除されれば合意可能という立場に対して、EU側は北アイルランドをアイルランドと同様に扱えるようEUの関税同盟に残すという立場で、そもそもはメイ首相の時にそれでEUと合意していたわけです。しかし、この国境問題がネックとなりメイ首相は辞任、その後ジョンソン首相は強硬離脱をちらつかせながら代替案による合意をEUと交渉してきたこととなります。

8月時点の代替案と現在の代替案には違いがあるのでしょうが、当初はアイルランドを筆頭に欧州の主要国も英国の提案は議論にならないというところから、直筋では協議進展という言葉が示すように代替案での合意ある離脱への流れを今週のEUサミット(欧州理事会)までにまとめようとギリギリの調整が続いているようです。

EUサミットでは各国による全会一致が基本ですが、実際には離脱代替案による離脱協定自体は参加国の55%以上(ただし英国除くので27か国の72%以上の賛成かつ65%以上の人口割合となれば可決可能な特定多数決となるはずなので、今後数日の調整でなんとかなるのではないかという気もします。問題は、その後の英国とEUとの各分野での取り決めとなりますが、これについては全会一致条項となると言われていて、更に時間がかかるでしょう。

いずれにしても、いよいよ国民投票から3年3か月を経て、英国のEU離脱という結果を今週見ることになりそうです。現時点では代替案による合意ある離脱の可能性が7割、結局まとまらず合意無き離脱の可能性が3割というところだと見ています。離脱延期については英国もEUももはや意味が無いと考えている様子ですから、ほぼ無いのではないかと思われます。

そして、合意ある離脱の場合、当面はポンド買い、ユーロ買いになると考えられます。ここに至るまで長期的な売りポジションが積みあがっていますので、ポジション調整による買い戻しも相当量出てきそうです。しかし、現在のグローバルな景気減速の中で米国が対EUの追加関税を発動予定ですし、特に欧州の景気が悪いことを考えると、そのまま上がり続けるという流れは考えにくく、どこかで現実を見て、またいったん材料出尽くしから売りが出てくる流れに戻るのではないかと見ています。止まるまでの値幅として300pips程度ではないかと思います。

いっぽうで、合意無き離脱となる場合ですが、これは素直にポンド急落、ユーロも追随して急落、短期的には底が見えてこない流れになりそうです。最初の一波で200pipsその後も下げて500pipsくらいは動く可能性が高いと思います。

次にテクニカルな観点でチャートを見てみましょう。

ブレグジットの結果次第で大きく振らされる

6月高値からの下降チャンネルを先週後半の上げで抜けてきていることがわかります。このチャートパターンでの強い動きがユーロ買いを強める結果となったと考えることもできそうです。そして、現在は青の太いラインとそれに平行に引いたラインとで構成される緩やかな下降チャンネルへ移行した可能性が強いのですが、同様に10月安値から引いた小さな上昇チャンネル(紫)の中での推移を考えることもできます。

おそらくサポートはこのチャンネルのサポート(紫)、レジスタンスは緩やかな下降チャンネルのレジスタンス(青)に挟まれた狭いレンジの中で1.10台前半をもみあいの中心としながら、結果次第で上述した300〜500pips程度の振れが見られるのではないかと見ています。あえてレンジは書きませんが、上下ともそれなりに動く可能性があるでしょう。

今週のコラム

今週もユーロ円の日足チャートを見ます。

ブレグジットの結果次第で大きく振らされる 2枚目の画像

先週示した7月高値と9月高値を結んだレジスタンス(ピンクの太線)を抜けてきたことでユーロ円はこれまでの下げの動きから上昇へと転じる可能性が出てきているのですが、よく見ると8月上旬以降の高値圏をネックライン(青)と考えると変形ダブルボトムのような反転パターンを形成中に見ることができます。

その場合、120円の大台にしっかりと乗せてくると一段高、抜けられないとレジスタンスライン(ピンク)が位置する118円台半ばまで下押しする可能性があります。ただ、ユーロ円も今週はユーロの動向次第ですから、あくまでにブレグジットの結果がわかる前に動きが出た場合にのみ有効な見方という押さえでいてください。

今週の予定

今週注目される経済指標と予定はドル円週報に示してあるものと共通です。ドル円週報の「今週の予定」をご参照下さい。なお、その中でユーロの値動きに特に影響が出ると考えられる予定は以下のものです。重要な予定として注意しておきましょう。

10月14日(月)
**:** 東京、NY市場休場
16:15 デギンドスECB副総裁講演、スペイン中銀総裁講演
18:00 ユーロ圏8月鉱工業生産

10月15日(火)
15:45 フランス9月CPI
17:30 英中銀総裁講演
17:30 英国9月失業率
18:00 ドイツ10月ZEW景況感指数
18:00 ユーロ圏10月ZEW景況感指数
**:** IMF世界経済見通し公表

10月16日(水)
17:30 英国9月CPI、PPI
18:00 ユーロ圏8月貿易収支
18:00 ユーロ圏9月CPI
21:30 オランダ中銀総裁講演
22:00 英中銀総裁討論会参加
24:00 レーンECB専務理事講演
26:00 ドイツ連銀総裁講演
27:00 ベージュブック

10月17日(木)
06:00 フランス中銀総裁講演
07:00 英中銀総裁討論会参加
17:30 英国9月小売売上高
18:00 ユーロ圏8月建設支出
26:30 フランス中銀総裁講演
27:00 イタリア中銀総裁講演
29:30 オランダ中銀総裁講演
**:** EUサミット(〜18日)

10月18日(金)
06:00 スペイン中銀総裁講演
**:** 米国対EU追加関税発動予定

19日(土)
 **:** 英国EU離脱合意期限

前週のユーロレンジ

前週のユーロレンジ

(注)上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。為替の高値・安値は東京午前9時?NY午後5時のインターバンクレート。

先週の概況

10月7日(月)
ユーロドルは、東京市場では売りが先行後、海外市場に移ってからは買い戻され、と方向感がはっきりしない展開が続きました。その後、ドル円とともにユーロ円の買いが目立ち、その動きがユーロドルに波及、一時1.1001レベルの高値をつけました。しかし、1.10の大台超えには売りオーダーも多く、NY市場ではドル買いの動きに引っ張られユーロは週末終値を若干下回る水準へ押して引けました。

10月8日(火)
ユーロドルは、東京市場から欧州市場前場までは底堅い展開が続きました。欧州市場に入りブレグジットの英国代替案による合意は困難とメルケル首相が言及、ジョンソン首相も合意は本質的に不可能と述べたことからポンド売りが広がりましたが、ユーロポンドでのポンド売りも出たことからユーロは下げずにNY市場入りとなりました。その後はドル円とともに下げていたユーロ円に引っ張られユーロドルでも売りが強まり、NY市場後場には1.0941レベルまで下押し後にやや戻して引けました。

10月9日(水)
ユーロドルは、欧州市場までは前日の下げに対する調整からやや買いが出ている程度でしたが、欧州市場に入りユーロ円が底堅い動きとなっていたところに、ブレグジット代替案でEU側が譲歩とのヘッドラインを受け、ユーロドルは1.0991レベルの高値をつけました。しかし、1.10の大台はこれまで同様に上値が重くNY市場では徐々に水準を下げる展開のまま引けました。

10月10日(木)
ユーロドルは、東京市場では動意薄の状態が続きましたが、欧州市場序盤にこれまで抜けられなかった1.10の大台をしっかりと上抜けたことで、ストップオーダーも巻き込みながらユーロ買いが強まる流れとなりました。欧州市場の昼頃には1.1034レベルの高値をつけましたが、NY市場では米中通商協議進展思惑によるドル買いの動きから反落、1.10の大台近辺での引けとなりました。

10月11日(金)
ユーロドルは、英国とEU双方の離脱担当相から協議進展と合意ある離脱に近づいたという思惑がポンド高となり、ユーロもポンドに引っ張られてユーロ買いの動きとなりました。17・18日のEUサミットでの決定を待つこととなりますが、これまでの流れから英国代替案に寄せる形で合意最終日19日までに形が整うという思惑が強まりユーロ高となりました。不透明な部分は残るもののユーロドルはNY市場で1.1063レベルへと週間高値を更新し、NY市場ではドル高の動きに沿って下押ししての週末クローズとなりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る