ドル円 米中の対立構造が鮮明化、上値抑制要因に(10/9夕)

9日の東京市場は、ドル強含み。一時107円を割り込むなど下値を試す展開も見られたが、終盤買い進められると結局高値引けとなった。

ドル円 米中の対立構造が鮮明化、上値抑制要因に(10/9夕)

<< 東京市場の動き >>

9日の東京市場はドル強含み。一時107円を割り込むなど下値を試す展開も見られたが、終盤買い進められると結局高値引けとなった。

ドル/円は107.00-05円で寄り付いたのち、当初はドル売り先行。日経平均株価が前日比で200円を超える安値で寄り付いたことなどが嫌気されていたという。
ジリジリとした値動きながら107円割れ、106.00-95円まで値を崩すもドルは底堅く反発へ。すると、107円台を再び回復しただけでなく、終盤にかけて日中高値の107.20-25円を示現している。16時時点では、そのままドル高値圏107.15-20円で推移し、欧米時間を迎えていた。

一方、材料的に注視されていたものは、「英国情勢」と「米中貿易協議」について。
前者は、英国のシンクタンクが「英は合意なし離脱で公的債務が1960年代以降で最高水準になる」といった発表を行い、物議を醸す。そうしたなか、ジョンソン英首相から「EU離脱合意は本質的に不可能」とした強硬発言が聞かれた反面、メルケル独首相は「EU首脳会議で英国と合意する可能性は圧倒的に小さい」とコメント。英国とEUとの亀裂が再確認された格好で、改めてポンドの弱材料に。

それに対して後者は、7日から「米中次官級貿易協議」がはじまり、10日からは「閣僚級協議」が予定されるなか、米国が中国によるウイグル族弾圧を理由に中国の監視カメラ大手などへの制裁を決定。これが新たな対立構造として警戒感を喚起した。実際、中国外務省は「内政干渉」と批判したうえで「断固たる反対」を表明、対決の姿勢を示している。また、それとは別にブルームバーグが報じた「トランプ政権は米国から中国への資本流入を制限することについて協議」との話も嫌気されていたようだ。

<< 欧米市場の見通し >>

ドルは昨日東京の107.45円を高値に、欧米時間には106.81円まで下落するも、下げ切れず。以降、本日東京も含めて107円挟みのレンジ取引となっている。明確な方向性はうかがえない。前述したように、今週末にかけて実施される米中貿易閣僚級協議について、かつての期待感は剥落しつつあるようだが、それでもドル売り・円買いは限定的で予想以上に底堅い状況だ。油断は禁物だが、このあとも107円挟んだレンジ取引が続く可能性は否定出来ない。

材料的に見た場合、「北朝鮮情勢」や「イラン・サウジ情勢」、「英国情勢」、「米貿易問題」、「米金融政策」のほか「トランプ氏のウクライナ疑惑」に対する関心も高い。それぞれに注意を払いたいが、とくに気掛かりなのは「米中情勢」。その中心は「米中貿易協議」ながら、先で取り上げた「ウイグル族弾圧」や「香港」、「台湾」についても双方の対立が目立っている。なお、後者である「香港」などをめぐる対立が、10-11日に実施される閣僚級協議に影響を及ぼす可能性も取り沙汰されており、最悪のケースとして協議そのものが中止されることを予想する声も聞かれていた。関連ニュースなどには本日も要注意だ。

テクニカルに見た場合、目先はドル高値を107円半ば、安値を106.80円レベルとした小さなレンジを形成しつつある感。つまり、しばらくのあいだ106.80-107.50円という1円にも満たないボックス相場をたどる可能性もある。まずは、その小レンジをめぐる攻防に注目だが、抜けても過去1ヵ月程度推移している106.50-108.50円という大きなレンジ内にはとどまりそう。明確な方向性が示されるのは、いま少し先かもしれない。

材料的に見た場合、幾つか米経済指標が発表される見込みだが、マーケットの関心はさほど高くなく、基本的にはノーインパクトか。ただ、米財務省による10年債の入札実施や、9月開催分のFOMC議事録要旨公開などには一応要注意。
また、本日も「パウエルFRB議長が金融政策再点検のためのイベントに出席」という発言機会が予定されている。昨日、パウエル氏は「好ましい経済見通しへのリスクがある」と述べ、追加利下げへ間接的に言及したが、さらに突っ込んだ発言があるのか否かに注目だ。

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは、106.60-107.60円。ドル高・円安方向は、昨日NY高値にあたる107.30円レベルが最初の抵抗。上抜ければ直近だけで少なくとも2度トライし、いずれも抜けられなかった107円半ばがターゲットに。
対するドル安・円高方向は、昨日安値106.81円をめぐる攻防にまずは注視。割り込んだ場合には、最近のレンジ下限である106円半ばが再び意識されそうだが、それでもドルの下値は堅そう。

<< 欧米市場の見通し >>

ドル円日足

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る