ドル円週報レンジ下限割り込む、ドル下値リスク再燃も(10月第1週)

先週のドル/円は、ドルが弱含み。途中、108円半ばまで上昇し前回高値に面合わせしたものの、抜けることは出来ず、そののち大きく反落に転じている。

ドル円週報レンジ下限割り込む、ドル下値リスク再燃も(10月第1週)

<< 先週の回顧 >>

先週のドル/円は、ドルが弱含み。途中、108円半ばまで上昇し前回高値に面合わせしたものの、抜けることは出来ず、そののち大きく反落に転じている。

前週末に、ブルームバーグが「トランプ政権が米国の投資家による中国企業への投資制限を検討している」と報じ両国関係への警戒感が指摘されるなか、中国の王商務次官が会見で、10月に米ワシントンで予定している米中の閣僚級貿易協議に「劉副首相が出席する」と明らかにしたことで、影響は相殺された形に。
そうした状況下、週明けのドル/円相場は先週末のNYクローズと大差ない107.90-95円で寄り付いた。その後しばらくはドル高が続き、9月18日高値である108円半ばまで続伸。形成しているレンジの上放れが期待されたが、失敗に終わると、週末にかけては一転してドルが進展する展開に。106円半ばまで2円ほど下落し、週末NYはそのまま106円台、週間を通したドルの安値圏で取引を終え、越週としている。

一方、週間を通した材料は、「発表された米経済指標」と「トランプ氏のウクライナ疑惑」、そして「北朝鮮情勢」について。
前者については、週初に発表されたシカゴ購買部協会指数は予想より悪化したものの、ダラス連銀指数は逆に好数字で内容はマチマチ。しかし、翌日に発表されたISM製造業景況指数は予想外の大幅悪化でドル売り材料になっただけでなく、以降、ADP雇用統計や週末の米雇用統計など、週間を通して総じて冴えない指標の発表が相次ぐと、ドルの上値を抑制していた。

対して「ウクライナ疑惑」は、「米下院委がポンペオ国務長官に召喚状、証言を求める予定」とされるなど、野党民主党ペースでトランプ氏弾劾に向けた動きが進行。また、ペロシ米下院議長から「ウクライナ疑惑にロシアが関与したと思う」との発言が聞かれるなど、様相はさらに混とん、予断を許さない状況となっている。

最後の「北朝鮮情勢」は、先日北朝鮮の崔第1外務次官が「米朝非核化協議を4日と5日に行うことで合意」と発表したことで、やや気が緩むなか、2日早朝突然に「北朝鮮が2発の飛翔体を発射」−−とするニュースが伝えられ、一時騒然となった。しかし、トランプ氏はまたしても不問の姿勢をとっただけでなく、スウェーデンで4日に米朝実務者協議が実施されたことに続き、5日には米朝首脳会談が実施されている。

<< 今週の見通し >>

先でも指摘したように、先週発表された米経済指標は全般的に悪い数字が多く、素直に考えれば米株安、ドル安要因。しかし米株市場は、予想以上に底堅い値動きで、それが一段のドル安に歯止めを掛けている面もありそうだ。今週も、米株高が続くようなら、先週のようなドルの下支えとして寄与するだけでなく逆にドル高を支援、107円回復に続き108円乗せといった展開をたどる可能性も否定出来ないだろう。

材料的に見た場合、継続案件として「北朝鮮情勢」や「イラン・サウジ情勢」、「英国情勢」、「米貿易問題」、「米金融政策」などが挙げられているほか、新たに加わった「トランプ氏のウクライナ疑惑」に対する関心も高い。それぞれすべて要注意なのだが、とくにとなると次の2つか。
ひとつは「米金融政策」で、先週発表された米経済指標が全般悪かったこともあり、今週も発表される指標内容や要人発言は大いに注視されている。もうひとつは、中国が国慶節の休場から明けるなか実施される「米中貿易協議」、ワシントンで10-11日に実施される見込みの閣僚級協議の行方は気掛かりだ。いつもながら、事前には期待感が高まるものの、終わってみれば失望というパターンが多いが、今回は果たしてどうだろうか。

テクニカルに見た場合、3週間ほど推移していた107.00-108.50円のレンジを先週末に掛けて割り込んでおり、リスクという点ではやや下方向にバイアス。ただ、先週下げ止まったドルの安値106円半ばは、8月安値104.44円を起点とした上げ幅の半値押しにあたるテクニカルポイント。つまり、ちょうど良いレベルで下げ止まったと言えるだろう。
いずれにしても、先週安値106円半ばをめぐる攻防がまずは注視されそうで、割り込めば、前記フィボナッチの61.8%押しにあたる106円前後がターゲットに。逆にドルが反発した場合には、移動平均の25日線が位置する107円半ばが意識されそうだ。

一方、材料的に見た場合、9月の消費者物価指数や10月のミシガン大消費者信頼感指数といった米経済指標の発表が予定されているほか、9月のFOMC議事録要旨が公表される見込みだ。また、米財務省による10年債や30年債の入札、米地区連銀総裁を中心とした講演が連日実施されることにも注意を払いたい。
そのほか、「米中閣僚級協議」の行方や、5日に行われ決裂となった「米朝首脳会談」を受けての北朝鮮情勢なども、場合によっては相場の波乱要因となりかねないだろう。

そんな今週のドル/円予想レンジは、105.50-108.00円。ドル高・円安については、週明けに25日線が位置する107円半ばの攻防にまずは注目。上抜ければ先週高値の108円半ばが意識されそうだ。
対するドル安・円高方向は、フィボナッチのサポートにもあたる先週安値106円半ばが最初のサポート。割り込めば106円前後、そしていよいよ105円台突入へ。

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る