米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利の予想(9/18)

東京時間では2019年9月19日木曜日未明に発表予定です。

米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利の予想(9/18)

米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利について

今週最大のイベントと見られているFOMCの金融政策が公表されます。NY時間9月18日14時(水曜日)にFOMC政策金利が公表され、その後パウエルFRB議長の記者会見が予定(同14時半)されています。今回の市場予想は以下の通りになっています。

(1)政策金利

現在のFFレート「2.00〜2.25%」⇒「1.75〜2.00%」の25ベーシス利下げ予想
レンジは下限1.75%、上限2.25%ですので、据え置き予想のエコノミストもいます。
尚、超過準備預金金利は現行の2.10%⇒1.85%への下げを予想しています。この超過準備預金金利とは準備預金残高のうち、法定準備残高を越える分に対して付利される金利です。
(9月18日 10時現在の予想)

エコノミストの注目点として、
@10月、12月の連続利下げ(25ベーシス)を示唆するような文言があるか(議事要旨、ドットプロット、議長記者会見等)
A今回の利下げ決定に関し反対票の有無…票数の多さがあれば次回以降の利下げに影響
B大統領がFRBに期待している50ベーシス利下げの懸念を払拭するか(7月時点でパウエル議長は緩やかな利下げを示唆)
の3点です。

前回7月末時点のFOMCと大きく異なる市場の考え方は、2年債と10年債の逆イールド状態は景気停滞との考え方が浸透し、先々の利下げ継続を示唆する場合は景気停滞リスクが高まる点にあります。ここ2週間の10年債金利は大きく反発し、2013年以来の急激な上げと言われており、逆イールドカーブが解消していく中で、NY株価が上昇しています。今回利下げが実施されれば、当面は一層の順イールドになりますが、将来の追加緩和による長期金利の下落リスクを株式市場が求めていないことになりそうです。現状では大方、12月FOMC時に25ベーシスの追加利下げ見込みに変わってきています。

ここで、9月17日現在のCMEのFEDWatchデータを見てみますと、

(1)政策金利

(現在のFFレート2〜2.25%をベースにして)


(1)政策金利 2枚目の画像

ご参考までに CMEのFEDwatch
(2019年8月21日現在:7月FOMC議事要旨が公表された時点)

上記はわずか3週間半で、先行き予想が大きく変わってきています。FEDwatchを見る限りでは、今回据え置きもあり得ることになります。

(2)最近のFRB関係者中心に主な発言(最近2〜3週間)

9月11日 トランプ大統領  「FRBは政策金利を0%か、それを下回る水準まで引き下げるべき」
9月7日  パウエル議長  「米インフレは2%を若干下回っている」「リセッションは予想せず」
              「景気見通しにリスクある」
9月5日 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 「逆イールドカーブが、現状最も懸念される」
9月4日 ウィリアムズ・NY連銀総裁  「FRBは政治的要因に左右されない」
                    「今年の米経済は2〜2.5%の成長トレンドを上回ると期待」
9月4日  カプラン・ダラス連銀総裁   「米国経済は強弱入り混じる状態」
9月4日 ローゼングレン・ボストン連銀総裁  「リスクは上昇したが、まだ現実的でない」
8月29日 デイリー・SF連銀総裁   「FRBは低インフレで一段の雇用増を期待できる」

(2019年9月18日10:55、1ドル=108円20銭)

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る