ドル円見通し 議会証言・FOMC議事録から失速、6月25日からの戻り一巡か?(7/11)

7月10日の米下院金融サービス委員会におけるパウエル米連銀議長の証言では7月30-31日の次回FOMCで利下げに踏み切る期待が高まった。

ドル円見通し 議会証言・FOMC議事録から失速、6月25日からの戻り一巡か?(7/11)

ドル円見通し 議会証言・FOMC議事録から失速、6月25日からの戻り一巡か?

【概況】

ドル円は7月5日の米6月雇用統計が堅調な内容だったことから買われて7月1日高値を更新し、10日午前には108.98円まで続伸していた。6月25日安値106.75円への下落は米連銀による早期利下げ観測が強まったことによるドル売りが背景だったが、25日のパウエル議長やブラード総裁らの発言で早期利下げ期待がトーンダウンし、6月29日の米中首脳会談での貿易戦争休戦入りでリスク回避感が後退したことがその後の上昇要因であった。
市場は7月10日夜の米連銀パウエル議長による議会証言と11日未明のFOMC議事録要旨公開によって米連銀の利下げ姿勢の強弱を見定めようという状況にあったが、議会証言と議事録公開からは再び早期利下げ期待が強まってドル全面安となり、ドル円は109円に到達できないまま108円台前半へ急落した。

【議長証言と議事録で次回利下げ期待が再燃】

7月10日の米下院金融サービス委員会におけるパウエル米連銀議長の証言では「貿易摩擦をめぐる不透明感と世界経済の減速懸念が引き続き景気見通しの重石になっている」、「(貿易戦争の一時休戦は)不確実性を完全に払拭していない」、「やや緩和的な政策が必要な条件が整ってきた」と述べた。これらの発言により7月30-31日の次回FOMCで利下げに踏み切る期待が高まった。
7月11日未明に公開された6月18-19日のFOMC議事要旨でも、多くの参加者が「景気の重しが継続すれば近いうちの利下げが正当化される」としており、FOMCメンバーが早ければ7月利下げを想定していることが示された。

6月20日未明の前回FOMC声明発表と議長会見で早期利下げ期待が高まり、7月末FOMCでの0.5%利下げの可能性まで市場はやや過剰に期待し始めた。それが6月25日のセントルイス連銀ブラード総裁の「0.5%利下げは大幅過ぎる」との発言、パウエル議長が講演で利下げ時期の言及を避けたことからトーンダウンし、7月5日の米雇用統計で利下げ決定の先送り感も沸いた状況にあった。今回の議長証言と議事録により、市場心理としては6月20日未明時点の利下げ期待感を取り戻したと言える。
ただし、0.5%の利下げについてはまだ可能性は低いと受け止めているようで、NYダウは一時200ドル以上の上昇で最高値を更新したものの終値では76.71ドル高にとどまった。また米10年債利回りも小幅低下に止まった。
公開された議事録要旨のなかには、一部の参加者が「利下げの条件はまだ揃っていない」、「(利下げは)金融不均衡を増大させる」として資産バブルを招く恐れがあると主張していた。株高の中で利下げをどう正当化するのかという問題もあるだろうと思われる。

【6月25日と7月3日の安値を結ぶ支持線を割り込む】

7月11日午前の続落により、6月25日安値と7月3日安値を結ぶこの間の上昇トレンドの支持線を割り込んでいる。7月1日から7月3日への下げ幅は1.00円、6月21日深夜から6月25日への一段安幅が0.98円であり、1円前後の下落からそれらと同様に切り返す可能性もあるが、今回は6月25日から二段上げで上昇してきた後での支持線割れのため、6月25日からの戻りが一巡した可能性も警戒させる。
概ね10か月から1年周期のサイクルにおいて4月24日高値をサイクルトップとして下落期に入ってきた。1年サイクルを構成する3か月前後のサイクルにおいて、3月25日安値から3か月目となる6月25日安値から戻していたが、この戻りが一巡したとなれば、次の安値形成期となる8月末から9月末にかけての間へ下落継続しやすくなることも考えられる。
4月24日からの下落を三段下げ構成でみれば、5月13日までを一段目、6月25日までを二段目とし、7月10日で戻りを一巡させて三段下げの三段目に入るという可能性も考えられる。

【60分足一目均衡表・サイクル分析】

【60分足一目均衡表・サイクル分析】

7月11日午前の続落により、6月25日安値と7月3日安値を結ぶこの間の上昇トレンドの支持線を割り込んでいる。7月1日から7月3日への下げ幅は1.00円、6月21日深夜から6月25日への一段安幅が0.98円であり、1円前後の下落からそれらと同様に切り返す可能性もあるが、今回は6月25日から二段上げで上昇してきた後での支持線割れのため、6月25日からの戻りが一巡した可能性も警戒させる。
概ね10か月から1年周期のサイクルにおいて4月24日高値をサイクルトップとして下落期に入ってきた。1年サイクルを構成する3か月前後のサイクルにおいて、3月25日安値から3か月目となる6月25日安値から戻していたが、この戻りが一巡したとなれば、次の安値形成期となる8月末から9月末にかけての間へ下落継続しやすくなることも考えられる。
4月24日からの下落を三段下げ構成でみれば、5月13日までを一段目、6月25日までを二段目とし、7月10日で戻りを一巡させて三段下げの三段目に入るという可能性も考えられる。

60分足の一目均衡表では7月10日夜の急落で遅行スパンが悪化、先行スパンから転落した。このため遅行スパン悪化中は安値試し優先とする。遅行スパン好転の場合は強気転換注意とするが先行スパンが戻り抵抗となりやすいとみる。

60分足の相対力指数は7月6日未明高値から10日午前高値への上昇期に指数のピークが切り下がり、三角持合い型を形成していたが、10日夜の下落で三角持合い下放れとなった。30ポイント割れまで低下しているが、まだ強気逆行型が形成される状況には至っていないため、一段安警戒の姿と思われる。

以上を踏まえて当面のポイントを示す。
(1)当初、108円を下値支持線、108.50円を上値抵抗線とする。
(2)108.50円を下回るうちは108円試しを想定する。108円割れを切り返せるかどうかが試されるが、108円割れをスルーで続落する場合は7月3日安値107.53円前後まで下値目処を引き下げる。
(3)108円前後からの反発では108.50円前後が抵抗となりやすいと思われるので、108.50円を一時的に超えても維持できない場合は108.20円割れから下げ再開とみる。新たな強気材料を伴って108.50円を超えて続伸の場合は強気転換注意として7月10日高値108.98円を試しにかかる流れを想定する。(了)<9:45>

【当面の主な予定】

7/11(木)
13:30 (日) 5月 第三次産業活動指数 前月比 ’(4月 0.8%、予想 -0.1%)
15:00 (独) 6月 消費者物価指数 改定値 前月比 (速報 0.3%、予想 0.3%)
15:00 (独) 6月 消費者物価指数 改定値 前年同月比 (速報 1.6%、予想 1.6%)
18:30 (英) 英中銀、金融安定報告書公表
20:30 (欧) ECB理事会議事要旨(6月5-6日分)

21:30 (米) 6月 消費者物価指数 前月比] (5月 0.1%、予想 0.0%)
21:30 (米) 6月 消費者物価指数 前年同月比 (5月 1.8%、予想 1.6%)
21:30 (米) 6月 消費者物価コア指数 前月比 (5月 0.1%、予想 0.2%)
21:30 (米) 6月 消費者物価コア指数 前年同月比 (5月 2.0%、予想 2.0%)
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 (前週 22.1万件、予想 22.3万件)
21:30 (米) 失業保険継続受給者数 (前週 168.6万人)
24:10 (米) ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁、討論会参加
25:15 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁、講演
25:30 (米) バーキン・リッチモンド連銀総裁、講演
26:30 (米) ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁、講演
27:00 (米) 6月 月次財政収支 (5月 2078億ドル、予想 -64億ドル)

7/12(金)
未 定 (中) 6月 貿易収支・米ドル建て (5月 416.5億ドル、予想 452.5億ドル)
未 定 (中) 6月 貿易収支・人民元建て (5月 2791.2億元、予想 2760億元)
06:00 (米) カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、講演
13:30 (日) 5月 鉱工業生産・確報値 前月比 (速報 2.3%)
13:30 (日) 5月 鉱工業生産・確報値 前年同月比 (速報 -1.8%)
13:30 (日) 5月 設備稼働率 前月比 (4月 1.6%)
18:00 (欧) 5月 鉱工業生産 前月比 (4月 -0.5%、予想 0.2%)
18:00 (欧) 5月 鉱工業生産 前年同月比 (4月 -0.4%、予想 -1.6%)
21:30 (米) 6月 生産者物価指数 前月比 (5月 0.1%、予想 0.1%)
21:30 (米) 6月 生産者物価指数 前年同月比 (5月 1.8%、予想 1.7%)
21:30 (米) 6月 生産者物価コア指数 前月比 (5月 0.2%、予想 0.2%)
21:30 (米) 6月 生産者物価コア指数 前年同月比 (5月 2.3%、予想 2.1%)

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る