来週の為替相場見通し 『米FOMC vs 日銀金融政策決定会合』(6/15朝)

リスク回避ムードは幾分後退しましたが、それでも尚109円台を回復できなかったことに鑑みれば、ドル円の上値は相当重たいと考えられます。

来週の為替相場見通し 『米FOMC vs 日銀金融政策決定会合』(6/15朝)

来週の為替相場見通し 『米FOMC vs 日銀金融政策決定会合』

6/10−6/14の振り返り

6/10週のドル円相場は、米FOMCを翌週に控えた様子見ムードから、週を通して方向感を見出しづらい時間帯が継続しました。トランプ米大統領による「メキシコへの関税発動を無期限で延期する」とのツイートを背景に、週明けのドル円相場は窓を開けて上昇オープン(6/7終値108.19に対し、6/10始値が108.56)。米墨貿易摩擦の緩和を好感する形で、翌6/11には一時108.81まで続伸するなど、5/31以来、約2週間ぶり高値を記録しました。

しかし、一目均衡表転換線に続伸を阻まれると、その後は、@トランプ米大統領による「もし習近平中国国家主席がG20に参加しなければ、中国への追加関税は直ちに発動される」「もしメキシコが合意事項を破った場合、制裁関税は復活する」等の発言や、A同氏による「米国の政策金利は高過ぎる」「ユーロ及びその他通貨は対ドルで下落するよう誘導されており、米国はとても不利な立場にある」などドル安誘導を示唆する発言、Bポンペオ米国務長官による「(中東ホルムズ海峡に近い)オマーン沖で発生した石油タンカー2隻に対する攻撃について、米政府はイランが攻撃の背後にいたと判断している」との発言が重石となり、週後半にかけては、一時108.17まで下げ幅を広げる展開となりました。もっとも、米FOMCを翌週に控え、様子見ムードも根強く、下げ渋ると、引けにかけて再び反発。米5月小売売上高(コア)や米5月鉱工業生産が市場予想を上回ったことなども材料視される中、結局108.56まで値を戻しての越週となっております。

6/10週のユーロドル相場は、上昇後に急反落する展開となりました。週初1.1324で寄り付いたユーロドルは、@トランプ米大統領による「ユーロ及びその他通貨は対ドルで下落するよう誘導されており、米国はとても不利な立場にある」とのツイートを背景に、週央にかけて週間高値となる1.1345まで上昇する展開となりました。しかし、200日移動平均線(1.1361)を前に戻り売りが強まると、その後は、Aドイツとロシアを結ぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」の建設阻止を目的に、米国がドイツに制裁を加えることを検討していると報じられたことや、B英国の野党・労働党が提出したEUからの合意なき離脱を阻止するための動議を、英下院が反対多数(賛成298、反対309)で否決したこと、

C国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が「ユーロ圏は低インフレ状態が続く恐れがある」と発言したこと、D米経済指標(米5月コア小売売上高や、米5月鉱工業生産)の良好な結果を受けてドル買い圧力が強まったことなどが重石となり、週末には約2週間ぶり安値となる1.1203まで急落し、結局1.1212での越週となりました。

6/17−6/21の展望

ドル円は、@ダブルトップからの下放れ(チャートの青線)、A強い売りシグナルを表す一目均衡表・三役逆転、B36営業日連続でのボリンジャーバンドのミッドバンド割れなど、テクニカル的に見て、「下落リスク」が意識されます。メキシコへの関税賦課見送り報道を背景に、リスク回避ムードは幾分後退しましたが、それでも尚109円台を回復できなかったことに鑑みれば、ドル円の上値は相当重たいと考えられます。

米中貿易摩擦や中東を巡る地政学的リスク、貿易戦争に端を発した世界経済の減速懸念、英国情勢の不安定化、イタリア財政問題、米独関係悪化懸念など、ファンダメンタルズ面での不安要素が、ドル円の上値を抑制する展開が今後も続きそうです。米国のインフレ指標を確認すると、先週末金曜日に発表された平均時給の伸び率鈍化に加えて、今週は生産者物価指数や消費者物価指数、輸入物価指数の冴えない結果も明らかとなりました。これらを踏まえて、来週(18日−19日)の米FOMC(含むドットチャート及びパウエルFRB議長記者会見)でハト派的な見解が示されれば、「米インフレ鈍化→年内利下げ観測再燃→米長期金利低下→ドル売り」の流れが強まり、ドル円が108円割れを再トライする展開も想定されます。

また、19−20日に予定されている日銀金融政策決定会合では、追加緩和の可能性を滲ませつつも、副作用を警戒して、市場にサプライズを与えるような具体的な手段には踏み込めないと予想されます。事実上のゼロ回答と見なされれば、「追加緩和期待の剥落→日銀の政策手詰まり感→日本とその他各国との金融政策格差の縮小」との連想を通じて、円高圧力が強まる可能性もありそうです。来週は、米FOMCや日銀金融政策決定会合の結果に振らされながらも、ドル安・円高をメインシナリオとして予想いたします。

来週の為替相場見通し 『米FOMC vs 日銀金融政策決定会合』

ドル円日足

ユーロドル相場は、200日移動平均線(1.1361)に続伸を阻まれる形で、週末にかけて1.1203まで急反落しました。この間、一目均衡表雲上限割れ(1.1280)、一目均衡表転換線割れ(1.1276)、90日移動平均線割れ(1.1256)、一目均衡表基準線割れ(1.1227)、ボリンジャーバンドのミッドバンド割れ(1.1220)を軒並み達成するなど、「上値トライ失敗→ユーロショート再造成」の動きが活発化しました。一目均衡表雲下限(1.1210)付近では、ひとまず下げ渋る動きとなりましたが、上値は相応に重たい印象です。ファンダメンタルズ的に見ても、@ECBによる追加緩和観測、A米欧貿易摩擦を巡る警戒感、B米独関係悪化懸念、C欧州経済を巡る先行き不透明感、Dイタリアの財政問題、E英国のハードブレグジット懸念など、ユーロ売りに繋がり易い不安材料が増えつつあります。テクニカル的に見ても、ファンダメンタルズ的に見ても、ユーロドルの上値余地は乏しく、来週は、米FOMCの結果(含むドットチャート及びパウエルFRB議長記者会見)を睨みながらも、下落リスクに警戒が必要でしょう。

ドル円の予想レンジ:107.00−109.50
ユーロドルの予想レンジ:1.1050−1.1350

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

2019年の為替相場を予想

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ大統領弾劾の可能性 ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る