株価を睨み円高圧力が強い(週報2月第二週)

先週のドル円は、大荒れの株式市場に翻弄される一週間となりました。週明けからNYダウが史上最大の下げを演じたことで110円の大台を割れて以降は、

株価を睨み円高圧力が強い(週報2月第二週)

今週の週間見通し

先週のドル円は、大荒れの株式市場に翻弄される一週間となりました。週明けからNYダウが史上最大の下げを演じたことで110円の大台を割れて以降は、大台を回復する気配すら見せていません。株式市場もほぼ24時間取引されている株価指数先物におけるNYダウと日経平均を見ながらの取引が続きましたが、為替市場はその先物市場における日経平均先物にほぼ沿った一週間でした。

日経平均先物は週初に下げ、週半ばにはいったん回復したものの週末のNY後場に火曜安値を下回る展開となったことでドル円が安値108.05レベル、ユーロ円も131.99レベルと年初来安値を付ける動きとなっています。今週は月曜が東京市場休場、そして木曜からは中国市場が旧正月で休場となり、アジア時間は動きが鈍くなりそうですが、米国の主要株価指数は上下ともに動きが軽くなっていますし、米国予算教書等の材料はあるものの、今週も株式市場を見ながらの一週間となりそうです。

さて、株式市場では米国株の低ボラティリティ派生商品の金額が膨らみ、その影響が株価指数先物や指数先物オプションの市場に混乱と今後の懸念を拡大させていますが、いつの時代もデリバティブとその派生商品の市場規模が大きくなり過ぎて、その後の崩壊を招くというのは何度も見てきたことです。今回もこの動きが始まったばかりなのか、あるいはいったん収束して徐々に縮小していくのかわからないものの、いずれにしても上がりすぎたとも言える米国の株式市場の動きが最大のリスク要因となってしまいました。

本日(12日)の現物の日経平均株価は休場のため止まっているものの、ダウ先物の動きに日経平均先物が影響され、その日経平均先物の動きにドル円が左右される動きは今週も続くと考えられます。以下に、過去10日間の3つのチャートを並べてみましたが、以下に相関が高いかが見て取れるかと思います。

       ダウ先物、日経平均先物、ドル円の1時間足

       ダウ先物、日経平均先物、ドル円の1時間足

上からダウ先物、日経平均先物、ドル円の1時間足です。株価指数先物が23時間取引で為替が24時間取引のため、ピッタリは縦軸が揃いませんが、ダウ先の動きが日経平均先物に波及し、それがドル円の動きに影響を与えていることがわかりますね。

さて、そうなると日経平均の動き、そして動きの元となっているダウ先物の動きを見通さないと為替の見通しは立てにくいのですが、デリバティブやその派生商品のアンワインド(ポジションの巻き戻し)の懸念が残る限りは株価の上昇は限定的と考えざるを得ませんし、そうなるとドル円もまた上値は重たい週と考えざるを得ません。

実需筋も109円台後半から110円にかけてドル売りオーダーを置いていることや、年初来安値を更新する動きからも円高トライのリスクは残っていると言えます。ここで日足チャートもご覧ください。

ドル円の戻りが鈍くなりがちなことと実需の売りを考えると、先週の戻り高値圏を形成した109.70〜80レベルは売りがかぶさってくる水準ですが、既に109円台半ばでは戻り売りを考える参加者が着実に増えてきています。いっぽう下値は昨年の安値107.33を視野に入れていますので、少し走る動きがあれば107.33を試すことは間違いありません。

仮に終値ベースで同水準を下回ると思いのほか早い段階で105円、さらには100円の大台をも視野に入れる展開となってきますが、今週のところはそうした動きにまでは繋がらないと見ています。今週も円高の動きに警戒し109.40レベルをレジスタンスに、107.40レベルをサポートとする一週間を見ておきます。

ドル円(日足)チャート

ドル円(日足)チャート

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の予定(時刻表示のあるものは日本時間)

今週注目される経済指標と予定をあげてあります。影響が少ないものはあえて省いています。FRB地区連銀総裁講演の内、2018年FOMCメンバー(ニューヨーク、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、サンフランシスコ)ではない地区連銀総裁はカッコ付で示しました。また、わかりやすさ優先であえて正式呼称で表記していない場合もあります。

2月12日(月)
**:** 東京市場休場
**:** 米国予算教書公表

2月13日(火)
09:30 豪州1月NAB企業景況感
18:30 英国1月CPI、PPI
22:00 クリーブランド連銀総裁講演

2月14日(水)
08:50 本邦10〜12月期GDP速報値
16:00 ドイツ10〜12月期GDP速報値
16:00 ドイツ1月CPI確報値
17:00 ワイトマンドイツ連銀総裁講演
18:00 イタリア10〜12月期GDP速報値
19:00 ユーロ圏10〜12月期GDP速報値
19:00 ユーロ圏12月鉱工業生産
19:20 メルシュECB理事講演
20:00 南ア12月小売売上高
22:30 米国1月CPI、小売売上高
24:00 米国12月企業在庫
24:30 米国週間原油在庫

2月15日(木)
**:** 中国市場休場(〜21日)
09:30 豪州1月失業率
16:00 トルコ11月失業率
17:15 メルシュECB理事講演
19:00 ユーロ圏12月貿易収支
19:45 プラートECB理事討論会参加
22:30 米国1月PPI
22:30 米国新規失業保険申請件数
22:30 米国2月NY連銀製造業景況指数
23:15 米国1月鉱工業生産、設備稼働率
24:00 米国2月NAHB住宅市場指数
30:30 NZ1月企業景況感

2月16日(金)
**:** 香港市場休場(〜19日)
17:20 クーレECB理事講演
18:30 英国1月小売売上高
22:30 米国1月住宅着工件数
22:30 米国1月建設許可件数
22:30 米国1月輸入物価指数
24:00 米国2月ミシガン大消費者信頼感指数速報値

前週の主要レート(週間レンジ)

      始値   高値  安値   終値

ドル円   110.03 110.27 108.05 108.80
ユーロ円  136.95 137.11 131.99 133.31
ユーロドル 1.2446 1.2475 1.2205 1.2252
日経平均  22921.16 22967.69 21078.71 21382.62

(注)上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。為替の高値・安値は東京午前9時?NY午後5時のインターバンクレート。

前週の概況

2月5日(月)
 ドル円を含め為替市場は比較的安定した動きとなっていましたが、NY引け後も夜間取引で続落しているNYダウ先物の動きから日経平均株価も大幅安となり、ドル円、クロス円は上値の重たい展開が続きました。NY市場に入り主要株価指数が下げ幅を縮小する中でリスクオフの動きが緩む局面も見られましたが、ダウはその後1500ドルを超える史上最大の下げを演じ、リスクオフからドル円、ユーロ円は円買いの動きとなりました。

2月6日(火)
 株価に翻弄される一日となりました。朝方は続落するダウ先物と日経平均株価を見ながらリスクオフ一色となり昼過ぎにはドル円は108.46レベル、ユーロ円も133.98レベルの安値をつけました。しかし後場に入り株式市場は下げ止まり、そこからは押しを挟みながらも急反発、NYダウは前日比567ドル高となり、ドル円も109.65レベルと前日に下げ始める前の水準へと戻し、引けにかけては若干押してのクローズとなりました。

2月7日(水)
 ドル円は朝方こそ高く始まったものの、日経平均株価がじりじりと水準を下げる動きに添って東京市場ではリスクオフの円買いが目立ちました。ドル円は欧州市場序盤に108.91レベルまで水準を下げたところから、欧州通貨売りの動きや日経平均先物が夜間取引で反発に転じたことからドル買いの動きとなり、NYの引け間際には1日の高値109.70レベルまで値を戻し、やや押しての引けとなりました。

2月8日(木)
ドル円は株式市場を横目でにらみながらの展開となり、昼過ぎにじり高となっていた日経平均株価につられて円安方向に動くも109.78レベルで頭打ち。ここのところ109円台後半から110円にかけては実需の売りオーダーが並んでいることから上値を抑えられ、もみあいのままNY市場に入りました。NY市場では再びダウが大きく下げる展開となったことからドル円も108.58レベルまで下押し後にやや戻しての引けとなりました。

2月9日(金)
株価を見ながらの流れが続きました。東京市場では底堅い株価の動きに添ってドル円も上昇、欧州市場序盤には109.30レベルの高値をつけましたが東京勢は3連休を前にあまり積極的な動きは見られませんでした。海外市場に移ってからは株価先物が夜間取引で下げる動きとなり、NY市場後場には先物ベースで週間安値を更新する動きとともにドル円も下落、108.05レベルと年初来安値を更新後に引け間際のNYダウ上昇の動きに引っ張られて108円台後半へ戻して引けました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・米中貿易戦争をはじめとする米保護主義の拡大懸念◎
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・イタリア財政問題深刻化◎↓
    ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・金融緩和打ち止め観測 ○↑
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定 ○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・米中貿易摩擦による中国の景気減速懸念◎↓
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・エルドアン大統領の経済政策、中銀支配への不安◎↓
    ・政情不安、経済政策への不信による海外資金の流出 ○↓
    ・米国との関係悪化一段落◎↑
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・米中貿易摩擦で中国景気失速懸念◎↓
    ・ムーディーズによるソブリン格付け引き下げ懸念◎↓
    ・資源価格の下げ止まり ○↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る