ドル円 もみあい継続も上限に近い(週報1月第二週)

先週のドル円は、東京市場が3日まで休場だったこともあり東京勢はこの3連休明けからのスタートという感じが強かったのですが、

ドル円 もみあい継続も上限に近い(週報1月第二週)

今週の週間見通し

先週のドル円は、東京市場が3日まで休場だったこともあり東京勢はこの3連休明けからのスタートという感じが強かったのですが、クリスマスかけから実質的に新年入りとなっていた欧州勢を中心にユーロ買いが年初はドル安でのスタートとなりました。しかし、その後は世界的に強い株価に支えられリスクオンの動きに。東京の大発会での株価も大幅高でのスタートととなり、週末雇用統計を前に113円台前半まで円安が進みました。雇用統計は予想より弱かったものの影響は少なく、ドルが底堅い年明け第1週となりました。

今週は月曜こそ東京が休場ですが、いよいよ市場参加者も本格的に戻り動意づいてくると考えられますが、材料的には2018年のFOMCメンバーとなる地区連銀総裁講演が週初から目立ち、またNY連銀を含めた主要地区連銀の経済見通しも発表されます。既定路線では3月が最初の利上げという流れになりそうですが、今週も含めて大幅に入れ替わる2018年のFOMCメンバー見通しがどうなっているのかが米金利の動きに影響を与え、それが為替に影響を与えそうです。

また、今月からECBによる債券購入額は300億ユーロへと減額されますが、9月以降の動きについて前回のECB’理事会の議事要旨とドイツ連銀総裁講演から思惑が出て来る可能性があります。既にユーロ高の動きとなっていますが、ユーロ圏債券の金利上昇が要因のひとつとされていますので、ユーロ高から来るドル売り円買いとリスクオンから来る円安との綱引きがどうなるかが、短期的には市場参加者が気にしてくるところです。

さて、それ以外はあまり目立った材料はありませんが、昨日のWSJにホワイトハウスが北朝鮮に(核実験施設等への)限定的な空爆が可能かどうかを検討しているとの記事が出ました。いっぽうで北朝鮮と韓国との南北会談が9日に実施されます。おそらくは、この会談に向けての米国による圧力とも取れますが、トランプ大統領も金正恩も何を考えているのかわからない点もありますし、チキンレースがどこかで暴発するリスクもあるだけに、改めて北朝鮮問題が影を落としやすい週となりそうです。

テクニカルにはどうでしょうか。日足チャートをご覧ください。ここ1か月ほど動きも乏しいので、今週はやや拡大したチャートとしました。

ポートサイドはきれいに水平線の水準で止められ、いっぽうレジスタンスサイドはやや高値を切り下げる動きとなっています。ピンクのレジスタンスラインで示した水準(今週は113円台半ばを低下中)がレジスタンスになっていると考えることができます。

サポートサイドは12月6日安値(111.99)から、レジスタンスサイドは12月12日高値(113.75)から、それぞれ青い水平線を引いてありますが、サ

ただ、ピンクのレジスタンスまでの距離はかなり少なく、どちらも大きくは水平線の上下を超えて来ない限り明確なトレンドは出にくいと見ていたほうが良さそうですが、ポジション的には着実に円売りが膨らんできていること(シカゴの円先物は2日現在で121,766枚の円売り)を考えると、ここから円売りで仕掛けるよりは、ポジション調整による円買いの方が出やすいと見た方が自然です。

株価の動きと北朝鮮情勢を見極めながらも現在はもみあいレンジの上限に近いという認識でいたほうが良いと思います。今週も112.00レベルをサポートに、レジスタンスラインが位置する113.30レベルをレジスタンスとする週を見ておきますが、先週同様下に動きが出てきたときにはより注意が必要と言えます。

ドル円(日足)チャート

ドル円(日足)チャート

このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の予定(時刻表示のあるものは日本時間)

今週注目される経済指標と予定をあげてあります。影響が少ないものはあえて省いています。FRB地区連銀総裁講演の内、2018年FOMCメンバー(ニューヨーク、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、サンフランシスコ)ではない地区連銀総裁はカッコ付で示しました。また、わかりやすさ優先であえて正式呼称で表記していない場合もあります。

1月8日(月)
**:** 東京市場休場
16:00 ドイツ11月製造業受注
19:00 ユーロ圏12月消費者信頼感確報値
19:00 ユーロ圏11月小売売上高
26:40 アトランタ連銀総裁講演
27:35 サンフランシスコ連銀総裁講演
30:00 (ボストン連銀総裁講演)

1月9日(火)
16:00 ドイツ11月鉱工業生産
19:00 ユーロ圏11月失業率
24:00 (ミネアポリス連銀総裁講演)

1月10日(水)
10:30 中国12月CPI、PPI
18:30 英国11月鉱工業生産
18:30 英国11月貿易収支
22:30 米国12月輸入物価指数
23:00 シカゴ連銀経済見通し
24:00 米国11月卸売在庫
24:30 米国週間原油在庫
27:30 セントルイス連銀経済見通し

1月11日(木)
18:00 ドイツ2017年GDP
19:00 ユーロ圏11月鉱工業生産
20:00 南ア11月製造業生産
21:30 ECB理事会(12月14日)議事要旨
22:30 米国新規失業保険申請件数
22:30 米国12月PPI
29:30 NY連銀経済見通し

1月12日(金)
08:50 本邦11月国際収支
**:** 中国12月貿易収支
22:30 米国12月CPI
22:30 米国12月小売売上高
22:30 米国11月企業在庫
25:30 ドイツ連銀総裁講演
30:15 (ボストン連銀総裁講演)

前週の主要レート(週間レンジ)

      始値   高値  安値   終値

ドル円  112.78 113.32 112.06 113.06
ユーロ円 135.44 136.62 134.81 136.02
ユーロドル 1.2010 1.2089 1.2001 1.2029
日経平均 23073.73 23730.47 23065.20 23714.53

(注)上記表の始値は全て東京午前9時時点のレート。為替の高値・安値は東京午前9時?NY午後5時のインターバンクレート。

前週の概況

1月1日(月)
 全市場休場

1月2日(火)
 アジア市場のドル円は全く動意なしでしたが、年末から買いが続いているユーロドルが年明けも買いが先行、結果としてドル円のドル売りへと繋がりました。参加者が少ない中で年末安値を割り込むとストップオーダーも巻き込みながら、NY前場には112.06レベルと12月15日以来の安値圏へと沈みこみ、引けにかけては若干戻してのクローズとなりました。

1月3日(水)
 アジア市場のドル円は前日同様全くの同意なし。海外市場に移ってからはユーロドルの下げに遅れてドルが底堅い動きになりました。NY市場に入り発表された経済指標が強かったこともドル買いを支え、112.61レベルまで買われそのまま高値圏での引けとなりました。

1月4日(木)
年明けの日経平均株価が大幅高、その後も世界の主要株価指数が軒並み強い動きとなったことからドル円はリスクオンの円安となりました。しかし、ユーロドルが昨年9月の高値に迫る上昇となったことからドルとしては上値を抑えられる動きも重なり、112円台後半で40銭に満たない値幅での取引となりました。

1月5日(金)
雇用統計を前に東京前場こそ動きが無かったものの、後場に入って株価が上昇に転じた動きを受け改めてリスクオフの円売りとなりました。113円台に乗せると短期筋のストップオーダーも巻き込みながら雇用統計前には113.32レベルの高値を示現、雇用統計の数字が予想よりも弱かったことからNY市場では113円目前までじり安の週末クローズとなりました。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

FXが初めての方向け特集

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・北朝鮮、シリア等の地政学リスク○↓
    ・トランプ政権の「ロシアゲート」の広がり ◎↓
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及
    ・減税、インフラ投資等の実効性
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・ECB金融緩和政策引き締め転換へ ○ 
    ・ドイツ連立政権樹立への不透明感○↓ ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・イタリア総選挙 極右再台頭か? 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・予想外の政権交代と保護主義化◎↓ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・新政権下の中銀の政策スタンス変化の有無 △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・米国との相互ビザ発行停止等関係悪化 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行◎
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・政情不安による海外資金の流出 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
    ・ズマ大統領によるゴーダン財務相解任と債務格付けのジャンク化 ◎↓
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る