ドル円の方向性でるか(週報2017年1月第二週)

117.00を挟んでの上下動に終始した先週から、先週高値118.60の上抜けか、先週安値の115.06を下押しの動きを見せて、方向性がでるかに注目です

ドル円の方向性でるか(週報2017年1月第二週)

ドル円:1月2日からの先週

先週のドル円は週初118.60の週高値から始まり、週末6日の早朝に週安値の115.06まで下押ししましたが、6日は結局117.17まで上戻しました。週初が117.40水準で始まり、週末は117.00水準で引け、週中は118.60高値で115.06が安値と3.5円超の値幅を持っていましたが、上下動の繰り返しで方向感なく、結局117台前半で開始し引ける週でした。

3日は、東京市場がお正月三が日で休場の中、アジア時間は流動性が低く117台前半で横ばいでした。欧州時間から新年の市場が実質動き出し、じりじりと上昇して3日高値の118.60を付けた後は、アジア時間の価格帯へと下押しされ、3日安値の117.20を付け、117.75で引けました。

4日は、前日NYの引け117.75水準で始まり、そのまま4日高値の118.18を付け、欧州時間にかけ4日安値の117.05まで下げ、3日引けと同じ117.25でNYを引けました。終日117台の後半を中心に同意のない展開でした。

5日は、一時5日高値の117.43を付けた後、東京時間の早朝に公表された12月分のFOMC議事要旨が、今後の米利上げに対して不透明な内容であったことから市場は嫌気、前日NYの引け117.25水準から東京市場の開始前に116.35水準まで下押しました。東京時間に入り一旦115.60まで下押しましたがほどなく116.80まで戻すなど、売り買いが交錯しました。海外時間に入り売り先行で5日安値の115.21まで下押して、安値圏115.33で引けました。

6日は、市場が注目の12月米雇用統計の日でしたが、前日NYの引け115.33から始まり6日安値の115.06を付けた後、結果的には6日高値の117.17をNY時間につけるまで、終日安値・高値を切り上げるドルのじり高の一日でした。
12月米雇用統計の発表時には、非農業雇用者数(NFP)の数字が市場予想より悪かったので一旦115.70水準まで売られましたが、内容を見てみると賃金は伸びていて米労働市場の勢いは強いとの判断から市場はドル買戻しで反応しました。

ドル円:1月9 日からの今週

ポイント: 117.00を挟んでの上下動に終始した先週から、先週高値118.60の上抜けか、先週安値の115.06を下押しの動きを見せて、方向性がでるかに注目です

CME通貨先物ポジション状況:1月3日時点
   (1月3日)   (12月27日)   (12月20日)
円    ▲86764    ▲87009   ▲75449 
ユーロ ▲70056   ▲69408    ▲78045 
ポンド  ▲64742   ▲57099    ▲59350 

シカゴIMM: 短期投機・投資家による円のネットポジションは、売り持ち高はやや減少するものの、2014年12月末以来の高水準は維持しています。市場の円売り持ち高へのポジションが偏っているので、円の一段の下落は困難と予想します。
これまでのネット円い持ち最高水準は、2008年3月25日 +65,920、2004年2月6日 +64499、
過去最高ネット円売り持ち高は、2007年6月26日 -188,077

シカゴVIX指数:投資家の恐怖心理の度合いを示す指数、
11.28(-0.39)VIX指数は下落しての引け。米株の底固さを背景にリスク志向の動きが意識されました。
2016年最大は32.09、過去最大は2014年の31.06、過去最安は1993年の8.89、直近では2006年の9.39

先週は結局、上値は118台への上乗せは定着せず、下値も115以下への下押しもありませんでした。
シカゴのポジションが2014年12月末以来の高水準を維持したまま、目先の方向感を失いつつあります。
ポイントは先週の高値か安値を抜けて行く勢いのある動きが出るかどうかに注目です。
足元の方向性は上抜けもあり、下抜けもあり、という非常に不安定な方向性のない状態です。

中長期的には円安・ドル高の方向を見ていますが、短期的には先週を含め、やや停滞感が強い動きです。
イベントとしては、先週末に12月米雇用統計を無事に乗り切ったので、次は20日の米大統領選就任式でしょう。
逆にそれまでは、上下に振らされるものの、結局は居心地の良い117台へと収束してしまいそうです。

予想レンジは、115.00~118.60 

単発的には、来週の予定として
11日のトランプ次期大統領の記者会見
12日のイエレン議長の講演
13日の12月米小売売上高、12月米卸売物価指数(PPI)
そして
トランプ次期米大統領のツイッター
連日のFRB高官の発言・講演
に神経質に反応する流れなので要注意です。

予想レンジは、115.00~118.60 と見ます。

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

円通貨ペア 為替チャート・相場予想

米ドル(USD)

米ドル(USD)相場の焦点
  • ・トランプ政権の保護主義懸念◎↓
    ・米景気の先行き見通しと金融政策 ◎
    ・ドル高の人為的是正の有無 ◎↓
    ・アメリカ第一主義、保護貿易政策への転換の経済への影響波及 減税、インフラ投資等の財政政策による経常赤字の拡大
米ドル/円 通貨ペア 詳細分析

ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)相場の焦点
  • ・ECB金融緩和政策の今後の見通し ○ 
    ・英国EU離脱の今後の展開と影響 ○ 
    ・イタリア銀行の資本不足問題 ○ 
    ・大衆迎合主義、極右政党の台頭 
    ・ISによるテロの脅威と難民問題 △↓
ユーロ/円 通貨ペア 詳細分析

豪ドル(AUD)

豪ドル(AUD)相場の焦点
  • ・中国の景気減速一服 ◎→
    ・資源価格下げ止まり ○→
    ・金融緩和策の継続見通し ○↓
    ・国内ファンダメンタルズの相対的な安定○↑
豪ドル/円 通貨ペア 詳細分析

NZドル(NZD)

NZドル(NZD)相場の焦点
  • ・意外に堅調なNZ経済 ◎↑ 
    ・NZ中銀の追加金利引き下げの有無
    ・中銀のNZ安誘導コメント △↓
    ・乳製品価格の反発 ◎↑
    ・国内の住宅価格の高騰とピークアウト ○↓
NZドル/円 通貨ペア 詳細分析

トルコリラ(TRY)

トルコリラ(TRY)相場の焦点
  • ・クーデター未遂と政情不安による海外資金の流出 ◎↓
    ・エルドアン大統領の権限強化による強権的大統領制への移行と利下げ等経済への影響○
    ・クルド系住民のテロのよる国内情勢不安定化○↓
    ・ISによるテロの激化と難民流入の影響 ○
トルコリラ/円 通貨ペア 詳細分析

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランド(ZAR)相場の焦点
  • ・資源価格の下げ止まり ◎↑
    ・金価格反発  △↑
南アフリカランド/円 通貨ペア 詳細分析

ライブ株価指数

政策金利表

ページトップへ戻る