ドル円133円台後半、134円台半ばでもみ合った後、正午過ぎに急落 (7/29午前)

29日午前の東京市場でドル円は安値圏でのもみ合い。

ドル円133円台後半、134円台半ばでもみ合った後、正午過ぎに急落 (7/29午前)

ドル円133円台後半、134円台半ばでもみ合った後、正午過ぎに急落

29日午前の東京市場でドル円は安値圏でのもみ合い。昨晩の米GDPショックでドル円が急落した流れを受け、朝方、134.26レベルで取引の始まったドル円は134円台半ばでのもみ合いに終始。東京時間正午現在は134.30レベルで取引されています。(尚、正午過ぎに急速にドル売りが強まり、ドル円は134円割れを示現、12:30現在までの安値は133.57)

日経平均株価は、昨晩米市場でFRBの利上げ速度が鈍るとの見方が広がり、主要株価指数が上昇した流れを受け、序盤に買いが先行、日経平均は一時28,000円を回復しました。その後は景気先行き懸念からの売りも出てもみあい、129円高で午前の取引を終了しています。

昨晩海外市場では発表された第2四半期の米GDP一次速報値が予想前期比+0.4%を大きく下回る-0.9%となり、リセッション入りの可能性が高まったことから米長期金利が急低下、10年債利回りは一時2.64%まで下げています。ドル円も135円台半ばから134円台半ばへ急落。終盤にかけてもじり安に推移し、134.20レベルでアジア時間を迎えています。

テクニカルにはドル円は、昨晩の急落で、5/24安値126.36から7/14の年初来高値139.39までの上昇の38.2%戻し(134.41)付近まで下落。転換線が基準線をデッドクロスしており、地合いの悪化が鮮明です。当面のターゲットは、上記フィボナッチの半値戻しと一目均衡表の「雲」の上限が位置する132.82-87レベル。上方向は転換線が136.45レベル、21日線等基準線が136.70付近とやや遠めです。

ドル円133円台後半、134円台半ばでもみ合った後、正午過ぎに急落

ドル円日足

オーダー/ポジション状況

関連記事

「FX羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、FX羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。
掲載情報には価格.comFX口座比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。

ページトップへ戻る